色戻りの原因

歯のホワイトニング効果は永久に持続するものではなく、継続していかない限り白さの維持は出来ません。
ホワイトニングの後は、歯の表面の水分が失われるため、歯の表面が白っぽく見えます。
しかし、24時間以内に歯に水分が戻り、ペリクルという言う歯の保護粘膜が再生されてくると、
1~2段階白さが戻ったように見えますが、この現象はホワイトニング剤の濃度が高ければ高いほど起きやすくなります
ホワイトニング後、飲食によって着色すると、歯の色は少しずつ色が戻ってきます。
歯の表面には通常は、だ液により作られるペリクルと呼ばれる膜があります。
ホワイトニングをすると、このペリクルが一時的に失われます。
ペリクルは汚れとくっつく効果があるのですが、ペリクルの消失により歯の表面が無防備な状態となります。
ペリクルは1~2日で再生するため、それまでの間は色の濃い、着色しやすい飲食物を食べないことをおすすめします。
特に、ワインやコーヒー、カレーやチョコレートを頻繁に摂取する方は、歯の色が戻ってしまう可能性が高くなります。

ビースマイルホワイトニングキットを楽天で買う前にこのページを参照