神経性頻尿に効果的な薬

神経性頻尿に効果のある薬としてまず抗コリン薬が挙げられます。
排尿は、自律神経に作用によって調節され、アセチルコリンが副交感神経から出ることにより、膀胱が収縮して尿意をもよおします。
抗コリン薬の投薬することにより、不要な膀胱の収縮を抑えることが出来ます。
ただし、この抗コリン薬は副作用があり、便秘や口の乾き、尿閉といった症状が現れる場合があります。
また、閉塞隅角緑内障である人には使用することができません。
同様に、自律神経に作用する薬として自律神経調整薬も効果を発揮します。
これは自律神経の乱れを調節することにより、尿意を抑制することが出来ます。
さらに心理的な原因やストレスが大きいと考えられる場合には、抗不安薬や抗うつ薬を使用することがあります。
神経性頻尿は元来はストレスが原因となります。
そして頻尿が気になり、尿意が尿意を呼び、さらに症状を悪化させてしまうという悪循環に陥ることがあります。
投薬治療で頻尿の症状が改善し、自信が持てたり、頻尿に対してのストレスが軽減されると一気に症状が回復していくこともあります。

夜間の頻尿に困ったらサプリメントを試そう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です